The reason we stick to brand value standards

and the organic definition we think.

 我々の考えるブランド価値基準とオーガニックに対する定義。


"Organic" is commonly used for “assets grown by nature without the use of chemical fertilizers such as pesticides and herbicides - [crops, livestocks, and processed products using them]". In countries with an organic certified organization, there are various standards that the assets must be [soil that has not used pesticides and chemical fertilizers for the past 3 years], [no use of genetically modified seeds], [the feed must also be organic for livestock] etc. If chemical fertilizer is used in production, it may be possible to easily generate assets at low cost, but these standards are established because the impact on the natural environment is not small.

 

However, regardless of the country with or without the organic certification organization, there are cases where just using some of the materials of such a standard may be called organic, and how far is it sold as a product using organic materials, it is very varied and ambiguous depending on the company. Strictly speaking, the definition varies depending on each organic certification organization, but all can be said in common are that - ''organic'' uses as little chemical as possible, it reduces environmental impact, it values nature and it keeps that this is the idea which leads to our safety and health promotion. Furthermore, we believe that it is necessary to disclose the action guidelines with as much concreteness as possible.

 

In conclusion, our brand define organic as follows. To use only natural fibers and dyes based on natural manufacturing methods that make the most of the ecosystem without using pesticides and chemical, as much as possible, to disclose the production background with transparency. To submit the final product's fabrics to a third-party inspection organization, inspect its composition and physical properties, and obtain evidence.

 

Even if we use materials that have been certified by an organic certification organization, we believe that the certificate alone is not trustworthy and we need evidence from the inspection organization. The certificate is also one of the credit information, but we think it is more important also to inspect and verify the materials regularly. Because we believe that it is ultimately “trustworthy”. With this evidence, we sell it as an organic product.

 

In addition, Some organic certification organization also have fair trade standards with producers. This is to ensure regular and appropriate wage payments, promote organic manufacturing methods, consider the living standards and health of people in developing countries, and contributes to maintain a rich natural environment. We agree with this also and handle materials that meet fair trade standards as much as possible.

 

With the above, we are willing to spend time and effort, we believe that organic brands are sustainable manufacturing in a better environment for human beings and ecosystems, and this is the right way of manufacturing in the future. With the goal of organic products becoming the world standard, continue to respect our life environment, we will keep develop out this brand with endless exploration and creativity.

 

「オーガニック」という言葉は、農薬や除草剤などの化学肥料を使用せずに自然で育った資産(作物、家畜、およびそれらを使用した加工製品)に対して一般的に使われます。資産は、[過去3年間農薬や化学肥料を使用していない土壌から取れたもの]、[遺伝子組み換え種子を使用していないもの]、[飼料は家畜に有機でなければならない]等の様々な基準がオーガニック国際認証機関にあります。化学肥料が使用される場合、低コストで資産を簡単に製造できる可能性がありますが、自然環境への影響が小さくない為、これらの基準が確立されています。

 

しかし、そのような規格の素材の一部を使用するだけでもオーガニックと呼ばれる場合があり、オーガニック素材を使用した製品としてどこまで販売されているかは企業によって非常に多様で曖昧です。但しすべて共通している言えることは、「オーガニック」とは、できるだけ化学物質を使用せず、環境への影響を減らし、自然を大切にし、人々の安全と健康の促進につながる考えです。しかしさらに、企業ごとに、その行動指針をオーガニック製品を通じて、できるだけ上流まで具体的に開示する必要があると考えています。

 

結論として、私たちのブランドはオーガニック製品を次のように定義しています。可能な限り農薬や化学薬品を使用せずに、生態系を最大限に活用する自然製法に基づいた天然繊維と染料のみを使用した製品であること。又その生産背景を透明性を持って開示すること。そしてエコテックスやGOTS等の国際認証された生地のみを使用し、さらにそれを日本の第三者検査機関に提出し、その組成と物性の証明を取得すること。このように上流まで辿ることを指針としています。

 

国際認証機関によって認証されたオーガニック製品を使用している場合でも、その機関からの認定証だけでは信頼に十分ではないと考え、上述のように、さらに第三者検査機関からその組成と物性の認証を取得するようにしています。定期的に素材を検査および検証することは非常に重要視しているところです。私たちはそれが最終的に「信頼できる」と信じているからです。これらのプロセスを持って、オーガニック製品としての位置付けを確認しています。

 

又国際認証機関では、生産者との公正な取引基準も持っています。これは、定期的かつ適切な賃金の支払いを保証し、有機製法を促進し、発展途上国の人々の生活水準と健康及び豊かな自然環境の維持に貢献するためです。私たちもこれに同意し、可能な限り公正な取引基準を満たす素材を取り扱います。

 

上記により、オーガニック製品を推奨することは、人々と生態系にとって持続可能な社会を再び構築していくきっかけにも繋がります。そしてこれが今後も正しい生産方法であると信じています。 オーガニック製品が世界標準になることを目標に、我々ができることに一歩一歩確実に取り組み、無限の探求と創造性でこのブランドを発展させ続けます。