Process


 

天候や自然条件に左右される生産現場では、職人の経験の蓄積が製品の精度を大きく左右します。

ここでは、原料となる素材選びから染色、手織りまでの一連の工程を分かりやすくご紹介します。

 

素材選び

私たちは、布を構成する糸の品質と天然の度合いを何よりも重視しています。素材は、シルク、コットン、リネン、ウール、バンブーです。ここでは、シルクを例に挙げます。シルク製品の一部は、カンボジアで蚕、桑の葉を育て、その蚕が吐く糸を紡ぎ使用しています。蚕の飼育に欠かせないのが桑の葉。蚕は卵から孵化して繭をつくるまでに脱皮を繰り返して成長します。そのうち、蚕が大きくなる程、食べる桑の葉の量も増します。やがて、糸を吐く段階になると、桑の葉を食べなくなります。続いて、蚕が繭を作ります。カンボジアの蚕は他の国と異なり、黄金色の糸を吐きます。これが、通称ゴールデンシルク、と呼ばれるものです。また、カンボジアの蚕は一般的に品種改良されていないものが多く、吐く糸の長さは日本の4分の1程度(200300m)と非常に短いものです。その希少性と丈夫な品質から市場でも常に注目されています。

 

染色の原料

自然の原料にこだわった天然染料づくり、糸の染色を行っています。原料は化学染料を一切使用せず、主にカンボジアの植物から採れる葉や木などの天然資源にこだわっています。染色に使用する植物は、約20種類。天然の植物が故にそれぞれ個性があり、思いもよらない絶妙な色合いが生まれたりすることもあります。

■染色の原料となる原生植物 / Native Vegetation for Raw Dyes 

染料抽出

染料を沸かす際、環境負荷を減らすため、天然の炭(リサイクルの炭)を使用します。染色用の釜に原料を入れ、水を注ぎ、煮立、染料を抽出します。天然の染料であるがため、気候や水などの外部環境にも左右されやすく、それぞれの特性に合わせて生産方法を変えています。抽出後、原料を取り除き、抽出完了です。染料の保存期間も1週間から2カ月のものまで、原料によって様々です。保存期間を越えると色付きが悪くなり、染料としては使用できなくなります。染料抽出後の原料は、肥料や薪として再利用します。

また、染料として使う水は雨水を利用し、染色過程で残った染料は水道管を通って、肥料として再利用されます。天然素材が故にすべて自然に還すことができます。もちろん、化学染料を使った場合、低コストで容易に作ることができますが、自然環境に与える影響は決して少なくはありません。時間と手間を惜しむこと無く、ここでは循環型生産サイクルを継承しています。染色作業の前には、糸に動物性タンパク質を与える準備をして染色作業を行います。この作業により糸が染まり易くなります。染色時間も原料によって異なります。染色後、糸を乾かし、糸の準備時と同様に再度タンパク質を与え、色をしっかり定着させます。その後、水で繰り返しすすぎ、色をしっかりと定着させ、糸の色素の完成です。緑の多いカンボジアの土地を活かし、植物や木を育てるところからできるだけ自前で行い、自然の原料から取れる天然染料にこだわり、糸は染められます。人の手と自然により、多くの水分を吸収してきた糸はとても柔らかく、生後間もない赤ちゃんの身にまとえる程に、極めて心地良い肌触りとなります。

複雑な色柄配置のデザインを表現するには

織り上げる前の糸(ある程度、束にする)を均等に張り、ビニール紐で縛って防染を施してから染める伝統的技法を用います。 複数色を使用する場合、その色数だけ、「防染作業後染色解く」という作業を繰り返すことになります。また、染め模様がずれないように織らねばならず、技術的に難易度も高まります。全体的に糸を染める作業と異なり、こちらはさらに細かい作業となり、熟練の技を要します。

 

手織
手織機(ておりばた)、通称「手織り」を用い、長い時間をかけて一糸一糸、手作業で丁寧に織っていきます。織物は縦糸に横糸を交差させて作るものです。まずは縦糸を織機に設置します。出来上がる布の長さと幅は、準備した縦糸の長さと本数によって決まります。一度、織り始めると、途中で縦糸を変更することが困難なため、予め準備を要します。

縦糸設置後、横糸を手織り用のシャトルに設置し、手織り作業の開始です。手織機の足元にある、2つ(基本2つ)のペダルを交互に踏むことで、縦糸は一本おきに交互に高低差が生まれます。その高低差の中を通るように、シャトルにスナップを効かせ投げ通し、横糸を通します。ペダルを踏み替え、縦糸の交互の上下を入れ替えます。以上の作業を繰り返すことで、布を織っていきます。縦糸と横糸が交互に組み合わさる様に、縦糸が一本おきに上下するものが最も単純なパターンですすが、複雑な模様を織るには、一本一本の縦糸をコントロールする必要があります。また、多くの色を横糸で使う際には、その分だけ横糸のシャトルを使って織り進めます。通常1メートル織るにも数時間を要します。複雑な織りなら尚のこと、長時間織り続けられる技術と高い集中力を要する作業になります。糸の選別に始まり、染色、手織りまで、数多くのプロセスと日数を経て製品がようやく誕生します。

ここでの一連の作業は極めて根気の要るプリミティブな作業でありながらも、今後もこのスタイルは崩すこと無く、新たな価値を見いだす天然染め製品を一人一人の手に直接届けられるように、この地で作り手を育てながら、生産体制をさらに強化し、製品のクオリティ向上を積極的に図っていきます。

 

In places where climate and other natural conditions have a major impact on production, worker experience & knowledge have a great deal of influence on the sophistication of the goods produced. Here we present our manufacturing process in an easy-to-understand way, all the way from the selection of raw materials for the textiles, to dyeing and weaving.

 

 

Raw Material Selection

We place great importance on the quality of the thread used to make our cloth, as well as on how natural it is. Silk, cotton, linen, wool and bamboo are among the fibers we painstakingly select to make our thread. This is how we treat silk for example. A part of silk production takes place in Cambodia, with the cultivation of silkworms and mulberry leaves, and the spinning of the thread that the silkworms disgorge. Cambodian silk worms differ from those of other countries in the golden color of their thread, which is called golden silk. Due to its scarcity and durability, golden silk is always looked for on the market.

 

Natural Dyes

We make all-natural dyes using carefully selected plant matter to dye our thread. Absolutely no chemical dyes are used, and we are particular about using local natural resources such as wood and leaves taken from Cambodian plants. We obtain materials for dye from about 20 different types of plants. Because they are from actual plants, the dyes can be different from batch to batch, delivering inconceivably exquisite hues.

 

Dye Extraction

Natural charcoal (recycled charcoal) is used when boiling dyes in order to reduce the burden on the environment. Dye is extracted by placing the plant matter into a cauldron and boiling in water. Since the dyes are natural, they can also be impacted by factors such weather and water quality, so we adjust production methods based on these factors. Removing the plant matter after the dye has been extracted completes the process. The left-over plant matter is used for fertilizer or firewood. Rainwater is used to make the dyes, and any dye left over from the dyeing process is run through pipes and reused as fertilizer. Since these materials are all natural they can be returned to nature easily. Of course, the process is easier and less expensive when chemical dyes are used, but the impact on the environment is not minor by any means. Here, we carry on with a traditional recycling-based production process without sparing time or labor.Before dyeing, the thread is prepared by giving it animal proteins. This procedure renders the thread more easily dyed. Dyeing time depends on the material used.
After dyeing, the thread is dried, given protein again as was done in the preparation process, and left for the color to set thoroughly, which completes the thread pigmentation process.

 

Weaving

A hand-loom is used to weave the thread, and a long time is required to manually weave the threads one at a time. The fabric is made by weaving the weft threads into the warp threads. First, the warp thread is set into the loom. The width and length of the cloth to be made is determined by the number and length of the warp threads. After setting the warp threads, the weft threads are placed into a hand-weaving shuttle, and the weaving process begins. Stepping alternately on the two foot-pedals (two is the standard set-up) at the base of the loom, the warp threads are separated vertically, with one up and one down and so forth. The shuttle is passed through these spaces and then back again to weave the weft into the warp.
The fabric is woven by repeating this process over and over.
Hours are needed to weave even a single meter of normal cloth. The weaving of more complex patterns demands the skill to be able to continue weaving for a long time, along with an advanced ability to concentrate. Starting with the selection of thread and continuing through the dyeing and weaving processes, after days of work, the finished product is born. Though this suite of processes is one that demands extreme patience, delivering our naturally dyed product directly to the hands of individuals who will find new value in it, while continuing to raise up new workers in the community without breaking from this style of production, is how we hope to further strengthen our production system and proactively elevate the quality of our product.

 

■作業工程の流れ / Work Flow

恵まれた自然環境の中、周囲の環境に配慮した循環型のモノづくりに取り組んでいます。

We strive for a recycling-based monozukuri manufacturing process that is friendly toward the natural environment that we are blessed with.